×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフグリップについて

ゴルフグリップはどんなグリップをしていてもインパクト時にはガッチリ握っていなくてはなりません。

ところがアマチュアはグリップの瞬間に正確にガッチリとグリップ出来る確率は非常に低く、そのために最初からしっかりグリップするくせをつける方がよりよいショットが出来ます。

どのプロもゴルフグリップは指で握ると教えています。

しかし正確にはゴルフグリップを小指、薬指、中指で握る場合は親指の付け根でしっかり抑えることを明言しません。

親指の付け根で抑えれば3本の指の負担はより軽くなりますしよりガッチリグリップ出来ます。



>> 人気のゴルフグリップの最新情報を今すぐチェック★

ゴルフグリップと坂田信弘プロ

ゴルフグリップの中にベースボールグリップがあります。

坂田信弘プロもこのグリップについて述べています。

インターロッキングについても述べています。

坂田信弘プロはこれらのゴルフグリップの利点、不利益点を比較しながらどのゴルフグリップを選ぶかは個人の選択であると述べていますね。

一度坂田信弘プロのビデオテープをご覧になられたらいかがでしょうか?

ゴルフダイジェスト社発行で書店で取り寄せてもらえます。

タイトルは「ショートスイング」シリーズ1−3巻がお勧めです。

ご参考まで。

ゴルフグリップ(スクエアグリップとフックグリップ)

スクエアグリップ:ストレートボールを打つことが出来るようにするための基本グリップ

倉本プロ、高橋プロのレッスンではフックの場合あくまでもゴルフグリップやスイングを変えないでスタンスを目標より右に向け、フェースだけを目標に向ける。

フェードの場合もゴルフグリップやスタンスを変えないでスタンスを左に向けフェースだけを目標に向けるとなっています。

フックグリップ:スイングは正常に行うがタイミングなどの関係でスライスが出る方が球筋をストレートに近づけるために採用するものでスクエアグリップでストレートが打てる方がこのゴルフグリップにするとフックが出る為にフックグリップといわれる。

Copyright © 2008-2009 ゴルフグリップ大研究!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。